ドラム用語

【ドラム用語】裏打ちとは | 音楽とリズムでわかる!

裏打ちの特徴

  • 裏拍にアクセント
  • ハイハットやライドで叩くこと多し
  • 4つ打ちと組み合わせるとダンスビート感

裏打ちとは

裏打ちとは、裏拍にアクセントのついたリズムである。ドラムセットの場合、ハイハットやライドシンバルで叩くことが多い。ジャンルによっては、裏打ちのリズムは欠かせない。4つ打ちと組み合わせると、よりノリやすい音楽へと化す。

裏打ちの楽譜

裏打ちの定義は解説したけど、実際裏打ちってどのような音なのだろうか。

楽譜で裏打ちを見てみよう。

裏打ち(一般)

裏打ちは、裏拍にアクセントのあるリズムである。たとえば次のようなリズムが参考になる。

上の楽譜では、ハイハットがアクセントになっている。

裏打ち(&4つ打ち)

「俗称」と書いたが、ドラムで「裏打ち」と言われた場合、「4つ打ち × 裏打ち」をさすことも少なくない。

具体的には、次の画像のとおりだ。

バスドラを表拍で踏みながら、裏拍にアクセント、ここではハイハットを叩いている。

「4つ打ち」なので表拍でバスドラを踏みつつ、「裏打ち」なので裏拍でハイハットのアクセントを入れている。

聴いてみるとわかるが、この意味での「裏打ち」は非常に踊りやすいリズムである。

詳しくは、次の項目で見ていこう。

裏打ちの曲

では、実際にどのような曲で裏打ちが使用されているのだろうか。

2つほど紹介してみよう。

ないものねだり / KANA-BOON

KANA-BOONを一躍有名にした「ないものねだり」。

この曲では裏打ちが多用されている。

00:25から始まるイントロのフレーズは、典型的な裏打ちである。

バスドラが表拍、ハイハットが裏拍に入っており、誰でもリズムにノリやすくなっている。

MONSTER DANCE / KEYTALK

踊れる曲の多い「KEYTALK」。

彼らの代表的な曲と言えば、この「MONSTER DANCE」だろう。

00:26から始まる裏打ちは、「ないものねだり」同様、典型的なものである。

そのほかの場所でも同様の裏打ちが多用されている。

タイトルに「DANCE」と入っているとおり、踊るのにもってこいな曲である。

裏打ちはフェスでも人気

裏打ちについて解説してきた。

4つ打ちを絡めた裏打ちは、近年のロックバンドで使われることの多い手法だ。

コピーバンドをする際は、ぜひマスターしてほしい。

一度マスターしてしまえば、幅広い曲で使える。

// ----------Youtubeボタン化↓-------------- // ----------Youtubeボタン化↑--------------