ドラム用語

【ドラム用語】ダブルストローク(2つ打ち)とは

  • ダブルストロークは、1回の振りで2回叩く
  • シングルストロークより表現力UP
  • コツはリバウンド(跳ね返り)の利用

ダブルストロークとは

ダブルストロークとは、1回の振りで2発叩く奏法をいう。通常の奏法(シングルストローク)は1回の振りで1発しか叩かないので、ダブルストロークは少し特殊な叩き方と言える。「2つ打ち」とも呼ばれる。

ダブルストロークの叩き方

文字ではなかなか伝わりにくい部分があるので、動画で解説する。

次の記事を見てほしい。

ポイントは跳ね返りをいかに使えるかである。

1発目を叩いた後のスティックが跳ね返ったその反動で、2発目を叩く。

もしバスドラのダブルができるのであればそれと感覚は近い。

間違ってもシングルストロークを2回繰り返しただけにならないように注意しよう。

ダブルストロークの発展方法

ダブルストロークができるようになるとフレーズの幅がかなり広がる。

このように「なんかよくわからないけどドラムうまそう」っていう風になるのもいいところの一つ(?)

物理的に叩けなかった演奏ができる他、シングルストロークとは違ったニュアンスが出せるようになるので、ぜひ習得しよう。

ダブルストロークができると「パラディドル」という奏法も見えてくる。

表現力を上げる踏み台としても、ダブルストロークは有効だ。

ダブルストロークで「できる」ドラマーに

ダブルストロークについて解説したよ。

ダブルストロークは練習しないとできるようにならないけど、もしできるようになれば演奏の幅が広がることは間違いない。

初心者ドラマーを脱したいのであれば、ぜひとも習得しよう。

// ----------Youtubeボタン化↓-------------- // ----------Youtubeボタン化↑--------------