ドラム用語

【ドラム用語】シングルストローク(1つ打ち)とは

  • シングルストロークは、1回の振りで1回叩く
  • 音の大小をコントロールしやすい
  • 「1つ打ち」とも呼ばれる

シングルストロークとは

シングルストロークとは、1回の振りで1発叩く奏法をいう。一般的に「叩く」といわれたとき連想される叩き方と違いない。1発あたりの音量を大きくも小さくもできるので、ニュアンスをつけやすい。「1つ打ち」とも呼ばれる。

シングルストロークの練習法

シングルストロークをやるだけなら、初心者でもできる。

しかし8分音符ないし16分音符の連打を正確に叩くのはそれほど簡単でない。

自分の叩いている音を聴いたり録音したりして、よくチェックするクセを身につけよう。

正確性ではなく速さが欲しいときもあるだろう。

そのようなときには次の動画のように練習すると良い。初心者でも取っつきやすいはず。

本格的にスピードアップを図りたいなら、「ストーンキラー」という練習方法が最適だ。

次の動画でそのやり方を学ぼう。

要するに右手・左手を16分で叩き続けるという練習だ。筋トレに感覚は近い。

シングルストロークを究める

シングルストロークについて紹介した。

シングルストロークをすることは難しくないが、究めるとなると話は別だ。

紹介した正確性・速さの他にも、音の粒(一打一打の音がきれいになっているか)も大事だ。

自分の叩き方を常に分析して、よりよいシングルストロークに改善していこう。

// ----------Youtubeボタン化↓-------------- // ----------Youtubeボタン化↑--------------