ドラム用語

【ドラム用語】シャッフルビート・スウィングとは | 曲でリズムがわかる!

  • シャッフルビートは、三連符の1,3こ目だけを叩く手法
  • スウィングは、広義でのシャッフル
  • 「跳ねる」ともいう

シャッフルビート・スウィングとは

シャッフルビートとは、三連符の1,3こ目だけを叩く手法である。軽快なリズムを生み出し、ブルースやロックに多くみられる。「ハネ」「跳ねる」とも呼ばれる。スウィングは、シャッフルよりタイミングの幅が広い。シャッフルのタイミングが多少ずれたものをさすとも言える。

音源で聴き比べてみよう。まずはシャッフルでないバージョン。


続いてシャッフルになっているバージョン。

今回はバスドラが跳ねているが、スネアなどで跳ねさせることも可能だ。

シャッフルビートの楽譜

シャッフルビートは、いわゆる三連符で表記される他にも、表記が存在する。

スコアの冒頭ないしシャッフルビートに変化する部分で、以下の記号が挿入される。

この記号は、8分音符の裏拍を三連符の3こ目として叩いてねという意味。

もし16分音符になっていたら16分音符の裏を跳ねさせよう。

ちょうどこのような具合に、左上に記載される。

また「=」ではなく「≒」で表記される場合も多い。

実際の演奏では三連符の3こ目ちょうどで叩いているとは限らないからだ。

シャッフルバンドの曲

では楽曲の中ではどのような使われ方をしているのだろうか。

ロックでの使用例を参考に見ていこう。

Holiday / Green Day

Green DayのHolidayは典型的なシャッフルビートである。

曲を通してシャッフルビートが使用されている。

サビのフレーズをスコアで表記すると、おおよそ次のとおりだ。

8分音符ではなく三連符で演奏することで、軽快なノリを作り出せる。

シャッフルビートの注意点

シャッフルビートはいざ演奏しようとすると難しいのではないか。

それは三連符に慣れていないことが考えられる。

練習した回数が少ないと、三連符の3こ目が早くなったり遅くなったりしがちだ。

メトロノームを使って手でリズムを取ってみたり、演奏を録音して聞き直してみたりして、徐々に改善していこう。

最初は難しくても、少しずつ感覚がつかめてくるよ。

シャッフルビートで軽快に

シャッフルビートについて紹介したよ。

スキップにも似た軽快なリズムは、楽曲の雰囲気を決める重要な要素になるはず。

演奏する際は8分音符のようになってないかよく注意して演奏しよう。

シャッフルビートのつもりが、思ったより跳ねていないという現象は多々起きる。

// ----------Youtubeボタン化↓-------------- // ----------Youtubeボタン化↑--------------