ドラム用語

【音楽用語】2拍子や4拍子とは – 7/4拍子なども | 曲でわかる!

  • 拍子とは、拍の強弱をグルーピングしたもの
  • 拍子によって、ノリが違う
  • 拍子は途中で変わる場合も

拍子とは

拍子とは、拍の強弱をグルーピングしたものをさす。3/4拍子なら、4分音符を3こずつにグルーピングしている、といった具合だ。拍子によって曲のノリや雰囲気が大きく変わるので、拍子は楽曲の重要な要素といえる。

楽譜の拍子記号

ドラマー
ドラマー
そもそも拍子記号ってなに…?

というあなたのために、拍子記号を解説するよ。

「3/4」と縦に並んで書いてあるのが、拍子記号だよ。

拍子記号の主な役割は、1小節内に入る音符を決めること。

たとえば「3/4」と書いてあれば、1小節内に4分音符が3こ入る、という意味を表している。

1小節内にどの音符が何こはいるのかによって、曲の雰囲気は大きく変わる。だから拍子記号は重要なんだ。

4/4拍子(四拍子)

近年のポップで主流なのが4/4拍子である。

拍子記号は、4分音符が4こ入るという意味。

といってもわかりにくいかもしれないね。とりあえず音で聴いてみよう。

上の曲を楽譜にしたものが、次の音だよ。


よくも悪くも「あ、これ聞いたことある!」となったんじゃないかな。

4/4拍子の曲

さらに理解を深めるために、曲で聞いてみよう。

Foo FightersのThe Pretenderである。

ドッタドドタというリズムがサビを中心に聞こえたはずだ。

4/4拍子の特徴として、リズムにノリやすいことがあげられる。

The Pretenderに合わせてリズムを取ろうとすれば、苦労もなくできるはずだ。

特殊な表記「C」

4/4拍子は、先ほどのように「4/4」と楽譜に表記される。

しかし、特殊な記号で4/4拍子を表す場合がある。

この「C」のような表記は、「4/4」とまったく同じ意味をもつ。

同様に、「Cに縦棒」を追加した記号は、「2/4」を表す。

これらの記号は、宗教の音楽が由来と言われている。

キリスト教では3を完全な数字として「○」で表し、2や4の完璧でない数字は○の一部を欠いた「C」で表し……話し出したら長いので端折る。すまん。

とりあえず、「C」は4/4拍子を表すことだけ理解していれば、問題なし。

3/4拍子(三拍子)

続いて、3/4拍子である。

3/4拍子は、1小節に4分音符を3こいれられる。

4/4拍子は4こ入れられたが、3/4拍子は3こしかいれられない。

楽譜を見ると、1小節に「♩(4分音符)」が3こしかないことに気づくだろう。

音でも聞いてみよう。

ドドタドドタというリズムが聞こえたかな。

これが三拍子のリズムである。

3/4拍子の曲

三拍子の曲でわかりやすいのは、童謡のぞうさんだ。

曲を数えながら、「1,2,3,1,2,3…」とカウントできるはず。

4/4拍子とのノリの違いがわかるかな。

四拍子は1,2,3,4のうち、1と3のタイミングでリズムをとる(ことが多い)。

それに対し三拍子は、1のタイミングでリズムをとる。

この違いが、曲のノリや雰囲気の違いにつながるんだ。

2/4拍子(二拍子)

2/4拍子は、1小節内に4分音符が2こ入る。

ドラマー
ドラマー
これじゃ4/4拍子とほぼ同じじゃないか!

と思っているかな。これはあながち間違いじゃないんだ。

確かに、2/4拍子の2小節分は、4/4拍子の1小節分と音符の数は同じ。

でも「音符の数が同じ = 拍子が同じ」にはならないんだ。

この理由を曲でみていこう。

2/4拍子の曲

2/4拍子は行進曲に多く見られる。

ヨハン・シュトラウスのラデツキー行進曲を聴いてみよう。有名だから聴いたことはあるはず。

4/4拍子との違いに気づけただろうか。

ラデツキー行進曲は、「行進曲」というぐらいだから、行進しやすい曲になっている。

ではなぜ行進しやすいのか。それは、2/4拍子だからである。

人は歩くとき二拍子のリズムで歩いている。右足左足を順番に前に出すので、自然と「1,2,1,2」のリズムが取れている。

2/4拍子は、歩くようなリズムといえる。この点で4/4拍子とは違う。

もちろん、例外はある。ジャズの2/4拍子はまったく違うものなので、別の考え方をしないといけない。

でもわかりやすい例は行進なので、一つの知識として頭にいれておいて良いだろう。

5/4拍子(五拍子)

5/4拍子からは少し考え方が難しくなる。

今までの拍子と異なる雰囲気を、聴いて確かめよう。

5/4拍子は、3/4拍子と2/4拍子が合わさったものとして考えると、わかりやすい。

必ずしも、3/4拍子と2/4拍子の組み合わせとは限らないけど、今回の例はこれらの足し算だ。

5/4拍子の曲

The Cabsの二月の兵隊という曲は、Aメロやサビに限るが、五拍子が使用されている。00:25以降に注目。

4/4拍子や3/4拍子と比較すると、どことなく気持ち悪さがないだろうか。

5/4拍子のような複雑な拍子は、自然と体を揺らすことは難しい。

そのため、ダンスミュージックをはじめとした踊る曲とは、一線を画している。

6/8拍子(六拍子)

6/8拍子は、3/4拍子によく似た拍子だ(違いは後述)。

拍数的には、3/4拍子とまったく一緒である。

6/8拍子の曲

6/8拍子の曲を聴いてみよう。

plentyの蒼き日々は、終始6/8拍子で演奏されている。

3/4拍子との違い

ドラマー
ドラマー
6/8拍子と3/4拍子って何が違うの? 音符の長さ的には一緒じゃん。

確かに音符の長さはまったく同じなんだ。

でも違いは、ノリをどのように感じるのかにある。

6/8拍子は、二拍子のノリなんだ。8分音符の1こ目と4こ目で体が動くと思う。

一方3/4拍子は、三拍子のノリだから、4分音符全部で動きたくなるはず。

ぞうさんと蒼き日々の曲を聴いてみると、わかりやすいだろう。

7/8拍子(七拍子)

7/8拍子は、5/4拍子より考え方が複雑。

この楽譜では、4/4拍子と3/4拍子の合体みたいに書いているけど、そうとも限らない。

3/4拍子 + 2/4拍子 + 2/4拍子のように演奏されることもある。パターンはまだある。

といった具合に複雑なのが、七拍子の特徴。

7/4拍子の曲

シナリオアートのナナヒツジを聴いてみよう。

これは7/8拍子ではなく、7/4拍子だが七拍子のノリが端的に表現されているので、聴いてほしい。

サビは4/4拍子なので注意。

この曲は割と綺麗に仕上がっているが、七拍子の曲は素直に聞けない独特なリズムが多い。

もし演奏するなら、その雰囲気を表現できるように頑張ろう。

変拍子

変拍子は、いくつかの拍子が入れ替わりながら演奏される曲の拍子をさす。フュージョンやポストロックによく見られる曲調である。また、3/4拍子や4/4拍子のような素直でない、を表現する「変な拍子」という意味でも使われる。

変拍子の曲

変拍子は、今までの拍子以上に特別な調子になる。

とりあえず、ゲスの極み乙女。の餅ガールを聴いてみよう。02:26からが変拍子だ。

5/4拍子と6/4拍子を交互に使用して、印象的なフレーズを作り出している。

「うわ…なんかよくわからないことやってる…」ってなったかもしれないね。

変拍子はよくも悪くも、特殊なことをやっているように見られる拍子なんだ。

5/4拍子で説明した「二月の兵隊」の前奏も、実は変拍子である。気になったら聴いてほしい。

拍子で曲に適切なアクセントを

拍子について解説したよ。

あまり気にしたことがなかったかもしれないけど、拍子を理解できると世界が広がる。

今までやったことのない拍子や、意識して演奏していなかった拍子にもチャレンジしてみよう。

// ----------Youtubeボタン化↓-------------- // ----------Youtubeボタン化↑--------------